M字の頭になっているのは、自分では中々気がつかないものです。
それは、毎回自分の顔を洗面台で見ている他ありません。
また、髪を洗った時もオデコが広くなったとしか思わないでしょう。
ですが、客観して見ることが出来る写真を撮った時などは自分の姿を見て驚くことが多いのです。
また、滅多に逢わない友達と会う時にも同じことです。
友達と比較してみてM字だとまじまじと実感してしまいます。
そんなM字ハゲですので、注意が必要です。
なので、この5つの事を忘れない様にして下さい。

・M字の知らず知らず訪れている

・気がついた時にガッカリ

・写真での見栄えが違ってくる

・見た目が老けて見られてしまうのはしょうがない

・風が吹いたらすぐに解るのでギャップあり

【M字の知らず知らず訪れている】

このことは、M字ハゲ独特の現象の一つです。
まずいつも見慣れてしまっている顔なので、日に日にM字になっていく髪の減りぐわいは気がつきません。
頭頂部などのハゲでは、見慣れていないので気がつきやすいですが額の両脇は余り気がつかないのが現実です。
なので、気がつく為の方法として写メのアップを取り続けると良いのではないでしょうか。
そうすれば、気がつきやすいと共に対処の方法も早くなるのでいいと感じます。

【気がついた時にガッカリ】

M字ハゲの場合気がついた時が遅いので、ショックがあります。
そのショックは他の部位とは違い見逃してしまったという後悔のショックによるものなので大きいショックです。
なので、気を付けたい所がショックを和らげる方法です。

そのために使うのが、近頃発売されている育毛剤などの商品です。
どうして育毛剤などの商品を使うかと言うと、年齢と共に頭皮は衰えてしまうからです。
特にM字ハゲの場合はそうです。

男性などは額が四角いのでこのM字になってしまうのは自然現象として捉えた方が良いのです。
なので、ある程度20代後半になったら使うと良いのでしょう。

【写真での見栄えが違ってくる】

M字になってしまうと年齢よりも老けてしまわれることが多くなります。
それは、額の広さがそうさせているので悩まい事が重要です。
人は、見た目で判断をどうしてもしてしまいます。
なので、額の広いM字の人がいると貫禄のある人だと思われてしまうんです。

その事を言い方向に持って行きましょう。
そうして、貫禄があると自分自身に褒めてあげるとM字の事を忘れることが出来ますし何よりもストレスがたまりません。
M字の大半はストレスによるものなのでストレスのない考え方を持ち入れるといいでしょう。

【見た目が老けて見られてしまうのはしょうがない】

M字の禿げ方はいわば働いた勲章だと思うと気が楽になります。
なので、老けて見られてしまう事はしょうがないと感じて治療に専念するといいです。
今ではM字は一つの医療として扱われているので、堂々とM字の治療を受けて克服するといいです。

そのために周囲の反応に敏感になりすぎない様に注意しましょう。
色々と周りの人は視線を上向きにとって頭を見ていると感じてしまいますが、その事はかんがえないで十分に相手に見させておけば良いだけです。

元々M字の人は考えが広い方達が多くいます。
なので、考えを広くとり相手の視線を上手く受け入れてしまうと心の広さが増します。
その事でイライラもせずに日々を過ごすことが出来ます。

そのため老けて見られてしまうといった考えも徐々に無くなって来るので良いでしょう。
M字ハゲは治療が命ですので、余分なストレスはためない事です。

【風が吹いたらすぐに解るのでギャップあり】

M字の場合ですと髪を伸ばして隠すことが出来ます。
そういった時に起こってしまうのが髪の浮くといった出来事です。
なので、風には注意が必要です。

そのために髪にワックスやスプレーを使いガチガチにかためますが、それは余りよくはないでしょう。
頭皮にも酸素不足になってしまうので、ガチガチに固めるのはよくありません。
また、雨が降ってきた時の対応に困ることもあるので、止めておきましょう。

それは、M字を隠していることでのギャップがあらわになるからです。
そのギャップを見られた時の相手の表情が何とも言えないので、困ってしまう空気になりかねません。
なので、ギャップを感じさせない程度の髪形がいいでしょう。

その髪型はまさに短髪です。
短髪にする事で表情もシッカリ伝わりますし、仕事的にも清潔感のある姿になります。
なので、M字は隠さずに見せる方向に持って行くといいでしょう。
そうすれば、一枚猫を被っていた時代を忘れて楽しく働くことが出来ます。

【終わりに】

M字ハゲの場合は、自然現象に近い事なのです。
それは、ストレス社会に生きている事での男性独特のハゲ方だからです。
なので、気にせずに隠さずに堂々と仕事をしましょう。

そうして、治療をするともっといいです。
それは、シッカリとしたサポートがある治療が今は出来るからです。
なので、時代に沿うかたちでM字と闘い良いケアすると良いのではないでしょうか。
そうすれば、M字の事も心広く受け止められます。
また広い心になればM字の額であることが重荷にはならないで済むのではないでしょうか。

なので、ストレスが無くなって働ける余裕も生まれて、良い暮らしが出来ると感じるのです。