BUBKAは業界初のノンアルコール処方育毛剤で、M-034が業界ナンバー1の配合量となっています。
M-034というのは褐藻類のヌメリ成分から抽出されたエキスのことで、育毛を促進し退行を抑制する働きがあるということで、育毛剤にも使用されている成分です。
このM-034が200パーセント増量されたBUBKAは、業界の中でももっとも多く配合されていますから、血流促進も期待できます。
一般的に育毛剤というのは一度開発されるとそのまま同じ配合成分で製造されますが、BUBKAはリニューアルを定期的に行っていますから、内容もさらにパワーアップし続けています。

BUBKAの代表的な育毛成分は、リニューアルを重ねてもM-034は変わらず使用されている成分で、抜け毛を抑えて髪の毛の成長を促す3つの効果があるといわれています。
一つは血管の再生を促進して血流をよくする血管内皮増殖因子と、髪の退行の原因となる脱毛因子を抑える発毛因子を増やす効果。
もう一つは髪の毛の成長に関わる外毛根鞘を活性させる効果。
三つ目はヒアルロン酸に匹敵する保湿作用で、頭皮の環境を整える効果です。
M-034はミノキシジルと同程度の発毛効果があるといわれていますが、ミノキシジルのような副作用の心配もなく、細胞を元気にさせて潤いをアップさせる働きがあります。

M-034以外にもBUBKAにはグリチルリチン酸2Kやセンブリエキス、クジン抽出液、酢酸DL-α-トコフェロール、海藻エキス、オウゴンエキス、ヒオウギ抽出液、ローマカミツレエキス、ローズマリーエキス、ジオウエキス、カモミラエキスなど頭皮をやさしくいたわりながらしっかりと育ててくれる有効成分が豊富に含まれています。
BUBKAは副作用がないといわれていますが、使用した人の中には頭皮にかゆみや炎症を起こす人もいます。特に大豆アレルギーがある人の場合、大豆エキスが配合されていますから、アレルギー反応が起こるケースも考えられますから、少しでも異変を感じたら使用を中止して医師の診察を受けることをおすすめします。
ミノキシジルは世界2大発毛成分の一つで、AGA治療薬としても使用されています。そのミノキシジルに匹敵する発毛力ということはかなりすごい成分だといえます。
ミノキシジルは高濃度だと女性は使用することができませんが、M-034は海藻由来の成分ですから女性でも安心して使用することができるのも大きな特徴といえます。

BUBKAはM-034だけではなくセンブリエキスも配合されています。センブリエキスは血行促進効果や抗酸化作用、毛乳頭細胞増殖促進作用を持っている成分で、健康的な髪の毛を成長させるために、血流促進は欠かせませんから、センブリエキスは有効な成分だといえます。
またグリチルリチン酸2Kは漢方薬としても使用される甘草に含まれる成分で、頭皮環境を整え抗炎症作用もありますから、育毛剤としても有効です。
クジン抽出液は抗菌、細胞の活性化、傷の治療作用があり、クララと呼ばれる植物の根から抽出したエキスで、育毛に必要な効果や作用がある成分がしっかりと配合されていますから、BUBKAは効果が期待できます。

効果が高い育毛剤として人気のあるBUBKAですが、気になるのは副作用ではないでしょうか。
どんなに効果が高くても副作用が強ければ使い続けるのは困難です。
多くの育毛剤には、抗菌作用や爽快感を得るためにアルコールを使用しているものも少なくありませんが、アルコールは刺激性があり人によっては頭皮が赤くなったりかゆみがでることもあります。
BUBKAは頭皮に刺激を与えないためにアルコールは大幅にカットしていますし、有効成分は植物由来の天然由来成分がほとんどですから副作用の心配もほとんどありません。

BUBKAには同じメーカーから販売されているサプリがあります。サプリは食品として扱われていますから、薬と違って副作用はありません。ただ副作用がないからといって安心というわけではなく、中にはアレルギーを引き起こす人もいますから注意が必要です。
ブブカサプリを服用する場合には、アレルギーを持つ成分がはいっていないかどうかチェックし、以上を感じたらすぐに使用を中止することが大事です。
ブブカサプリには約40種類の成分が配合されていて、卵白ペプチドや大豆胚芽抽出物などの成分も配合されています。大豆や卵に対してアレルギーを持っている人が、ブブカサプリを服用した場合には、アレルギー反応が現れる可能性もありますから、成分を十分チェックしてから服用することが大事です。
また薬のようにどのくらいをいつ飲めばよいかというのは決まっていませんが、配合されているノコギリヤシは過剰摂取すると胃の不快感などの症状が現れることがありますし、亜鉛も過剰に摂取すると嘔吐や頭痛などの症状が現れることがありますから、1日6粒以内に抑えるようにしましょう。
アレルギー反応がでているのに無理して飲み続けていると、症状が悪化してしまい重篤化する可能性がありますから、少しでも異常を感じたらすぐに中止するようにしましょう。