プロペシアは経口タイプの男性型脱毛症(AGA)治療薬で、元々は前立腺肥大や前立腺ガンの治療薬をして利用されていました。ただその後の研究で毛髪の成長効果があることが判明し、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として販売されるようになりました。
プロペシアの有効成分フィナステリドは、男性型脱毛症の原因となる5αリダクターゼを阻害する作用があります。
男性型脱毛症の原因はいくつか考えられますが、その一つに男性ホルモンとの関係があげられます。
男性ホルモンの一種であるテストステロンはそのままでは脱毛の原因にはなりませんが、5αリダクターゼという還元酵素によって脱毛ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されることで、抜け毛を増やしてしまいます。
フィナステリドはこの5αリダクターゼを阻害する働きがあるため、DHTの活動を抑えることができると考えられています。

プロペシアはアメリカのメルク社が開発し、現在では世界60カ国以上で承認されている男性型脱毛症治療薬です。
男性型脱毛症の症状は男性ホルモンの一種であるテストステロンが、体内で5αリダクターゼという還元酵素と結合し、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化することで引き起こされます。プロペシアの有効成分フィナステリドは、この5αリダクターゼに働きかけDHTの生成を阻害させる効果があるため、継続して服用することで男性型脱毛症の進行を抑制させることができます。
このプロペシアの効果は科学的に認められいて、日本国内でも1年間投与することで58パーセントの改善効果がみられていますし、年数が経つごとに改善効果が高くなっています。
効果の高いプロペシアですが、即効性があるわけではなく長期間の継続が必要となっていまいます。最低でも6ヶ月以上は継続する必要があり、服用を中止すると症状が進行してしまうため禿を改善したいのであれば服用し続ける必要があるというデメリットがあります。
男性型脱毛症の治療は保険適用外となるため全額自己負担になってしまいますから、経済的が負担も大きいといえます。
また肝臓に持病がある人が服用した場合、肝機能障害を引き起こすリスクもありますから、肝臓に持病がある人は服用する際には、医師とよく相談することをおすすめします。
そのほかにも性欲減退や射精障害、勃起不全などの男性機能についても障害が起こる場合があります。そのため子供を欲しいと考えている場合は服用はやめておいた方がよいかもしれません。
そのほかにもじんましんやかゆみなどが起こる場合もありますし、抑うつ症状などがみられる場合もありますから、気になる場合には服用を中止して医師に相談するようにしましょう。

プロペシアは医療用医薬品のため、基本的には医師の処方が必要です。そのため日本国内では薬局やドラッグストアでは購入することができません。
プロペシアを入手したい場合には、一般病院で処方を受ける必要があります。
また男性型脱毛症治療を専門に行っているクリニックでもプロペシアの処方を受けることができます。
ただ病院で処方をしてもらうには一度診察を受ける必要があるため、診療代などもかかってしまいます。より費用を抑えたいというのであれば個人輸入代行サービスなどを利用して購入することも可能です。
個人輸入代行サービスは通常の通販と同じように手軽に購入することができますが、国内の医療機関を通していませんから、購入時の手続きや製品にトラブルがあった場合でも、自己責任となりますから、十分注意する必要があります。
通常病院で薬の処方を受ける場合、3割負担となりますが、男性型脱毛症(AGA)治療薬は生命維持に直接関わるものではないため、保険適用外となり全額自己負担となります。
保険診療では診療報酬によってどこの病院で治療や診断を受けても費用は同じですが、AGA治療は自由診療となるため薬の価格は病院によって大きく異なります。
一般の病院の場合治療費は7000~15000円が相場となっていますが、AGA専門のクリニックの場合、治療費は11000~32000円と高額になる場合が少なくありません。
これは一般の病院ではプロペシアの処方だけという治療が多いのに対し、専門のクリニックは薄毛の原因を検査したり発毛状況を専門の医師が見極める治療を行うため、治療費が高くなってしまいます。
個人輸入代行サービスは、5000~7000円程で購入することができますし通院する必要もありませんから、もっとも手軽に購入できる方法といえます。ただなんらかのトラブルがあった場合でも購入者側の責任になる場合がありますから、十分注意が必要です。
またプロペシアは日本のみならず世界的に人気のあるAGA治療薬ですから、多くの偽物が出回っています。
見た目は本物とそっくりでも、全く効果がなかったり服用自体危険が及ぶこともありますから、最新の注意を払うことが大事です。
プロペシアは服用したからといってすぐに効果が現れる薬ではありませんから、継続することが大切です。