男性型脱毛症(AGA)治療薬としてミノキシジル外用薬の使用が推奨されていますが、このミノキシジルを配合した内服薬であるミノキシジルタブレットは、日本国内での製造販売が許可されていません。
ミノキシジルには血管をひろげて血圧を下げる働きがあるため、当初は血圧を下げる内服薬として開発されていました。ただミノキシジルを内服中に多毛症になるケースが多く、それをきっかけに発毛・育毛効果が発見された経緯があります。
日本ではこのミノキシジルを外用薬として製造・販売は認可されていますし、AGA治療に効果があると認められています。
発毛・育毛効果が認められているミノキシジルですが、内服すると血圧を下げるだけではなく心臓にも重篤な副作用をもたらす可能性があるということから、日本では製造・販売は禁止されています。
動物実験でも心臓への危険な副作用が示されていますから、アメリカでも数種類の血圧を下げる薬を使用しても、血圧のコントロールが得られない場合に限って、医師からの処方がされています。
日本でミノキシジルタブレットを入手しようと思った場合には、個人輸入で購入することは可能ですが、心臓に重篤な副作用が起こる可能性があるということは事前に知っておく必要があります。

ミノキシジルは発毛に有効な成分ですが、外用薬として頭皮に塗布するだけでは十分に吸収されないという問題があるため、内服薬の育毛剤としてミノキシジルタブレットは開発されました。
外用薬に比べて効果が高いミノキシジルタブレットですが、育毛剤として認可している国はなく、海外でも高血圧の薬として販売されているにすぎません。
ミノキシジルタブレットの副作用として、体毛が濃くなるということが一番にあげられます。
頭髪が濃くなるのはもちろん、頭髪以外の部分の毛も濃くなってしまいます。これは経口で摂取したミノキシジルが、血液にのって全身に運ばれるために起こる副作用で、これは服用する以上避けられない症状だといえます。
またミノキシジルには血圧を下げる作用もありますから、動悸やめまい、倦怠感など低血圧の症状がでる場合もあります。
そのため、元々高血圧で降圧剤を服用している人はミノキシジルタブレットの服用は危険ですし、低血圧の人も血圧が下がりすぎる場合がありますから、服用する際には医師に相談した方がよいでしょう。
またアルコールは血管を拡張して血圧を下げる働きがありますからミノキシジルタブレットと一緒に飲むと肝臓にも負担がかかりますし、問題が起こる可能性もあるので一緒に飲まないようにしましょう。

ミノキシジルタブレットは通称ミノタブといわれ、発毛効果が高いということでネットを中心に話題となっています。
ただ服用したからといってすぐに髪の毛がふさふさになるわけではなく、4~6ヶ月ほどで効果を実感したという人がもっとも多くなっています。
早い人の場合飲み始めて3週間ほどで産毛が生えてきたという人もいますが、服用を中止すると抜けてしまうため、ミノタブは服用し続ける必要があるといえます。
また2年以上服用しても効果が現れないという人も中にはいます。このように効果には個人差がありますから、服用したからといって100パーセント発毛を実感できるわけではないということを知っておく必要があります。

ミノキシジルは元々高血圧症の治療に用いられていた成分で、強い血管拡張効果によって血圧を下げる効果が期待できます。ただ全身の血管に作用するため、全身の体毛が濃くなってしまうという副作用もあります。
男性のみならず女性でも薄毛に悩まされている人は少なくありませんが、ミノキシジルタブレットは女性は服用ができません。
外用薬のミノキシジルも女性への安全性が確認されていませんから使用ができませんが、内服タイプのタブレットも体に対する安全性が担保されていないため、基本的には女性はミノキシジルタブレットを服用することができません。
どうしても使用した場合には、個人輸入で入手することは可能ですが、トラブルが起こっても自己責任となりますから、やめておいた方がよいでしょう。
また女性がミノキシジルタブレットを服用した場合、胎児への直接的な影響はないかもしれませんが、不妊のリスクも高まりますから小作りへの悪影響はあると考えておいた方がよいでしょう。

最強の発毛剤として認知度のあるミノキシジルタブレットですが、1日の服用量は0.5~1mgで十分だといわれています。
個人輸入代行のサイトでは5~10mgのミノタブが販売されていますが、このまま服用すると強すぎてしまうため、分割して服用するとよいでしょう。
はじめて服用する場合、効き過ぎる可能性もありますから、できるだけ少量を3ヶ月ほど試し、問題がなければ0.5~1mgに増やすようにすると安心です。
ミノタブは効果が高い反面、副作用も強く現れる薬ですから、長期間継続して服用することが困難な場合は、外用のミノキシジルを検討してみるとよいでしょう。